どうして企業研修を行った方がいいの?

企業研修は確かに大切ですが、
企業研修よりも、目の前の業務をしている方が学びがある。
という考え方もあります。

実践を通した学びですね。
では、もしも実践を通した学びの質を高めることが出来たらいかがでしょうか?

とてもいいですよね。
その為にどうしたら良いのかということを次の質問に答える形で、
一緒に学んでいきましょう。

「どうして企業研修を行った方がいいの?」

会社にとって必要で適切な内容を学ぶという前提で答えてみると、
「結果を出すために必要な材料を得ることができるから」
と答えることができます。

しかし曖昧です。
そこで「具体的には?」と考えると、
「その時その時で、適切なアイデアや解を出せるようにするため」
と答えることができます。

実は、結果を出すためには、しっかりと結果を出すために
必要な考え方が必要です。そして、その考えに基づいて出てきた
アイデアや解を行動に移す際に、いろいろな実践例やスキルを
持っていることも大切です。

それらを学ぶことのできる企業研修でしたら、積極的に学ぶ価値があります。それは、スタッフ一人一人のレベルを高め、会社自体の力を高めます。

同時に、個々の力を生かしながら、お互いの知恵やアイデアを
創発させることができると、更に活性化され結果を出せるようになります。
(創発とは、別の情報が刺激となって、新しい発想や気づき、学びが生まれることです)

その点では、NLPのコミュニケーションで学ぶことのできる
ラポールやコミュニケーションスキルは欠かせない能力となります。それも企業研修の一つとして取り入れてもいいかもしれません。

一人の実践者からすべてが始まる

何か新しいことを企業の文化の一つとして取り入れたい。

と考えた時に、大丈夫だろうか?
と不安に思ういことがあると思います。

そんな時に、知っておくと便利なことをお伝えします。
ますは、新しいことを取り入れる際に、一部の人間は、
必ず嫌な顔や抵抗を無意識にするということです。

今までとは別のことを取り組むわけですから仕方がありません。
また、新しいものがどれだけ素晴らしくてシンプルでも、
伝わっていなければ混乱を起こします。

また、素晴らしくてシンプルだと伝わっていても、
やはり、今までとは違う取り組みをするという点で、
人間の防衛本能として、抵抗はでます。

ですから、人間心理として、当たり前に起こるということを
知っておくと、必要以上に考え込んだり悩まなくてすみます。

その上で、あなたが企業研修などで取り入れたものを
会社に導入するならば、まずはあなたが率先して
実践していきます。

そして、徐々に共感や賛同してくれる仲間との実践をします。

そこから徐々に広がっていきます。
どんな企業でも、新しいことを行う際は抵抗もありれば、
そもそも、誰もやったことがないという状態です。

ですので、最初の一人から実践をはじめて、
徐々に広げていきます。

また、その内容が面白ければ、一気に広がりますし、
どうしてそれを行うといいのか?という行動する
理由(動機)を伝えることで、行動できます。

更に、キーパーソンのなる人が実践をしてくれると、
広がることや浸透や早いです。

では、注意点は何か?ということですが、
注意点ははやりにしないことです。はやりにせず、
じっくりと、新しいことを行う理由を浸透させていきます。

これらを覚えておくと、新しい文化の実践を浸透させやすくなります。

コミュニケーションについて学ぶ

「もしも、あなたの会社でコミュニケーションの研修をしよう」

と言われたら、どのように思いますか?
ここがとても大切な話になります。

多くの方が、コミュニケーションを学ぶということに関して、
もしかしたら、抵抗があるかもしれません。

「何を今更」と思うかもしれませんし、思わないかもしれません。
ひとつ言えることは、何歳になっても、どんな経験を積んでいても、
コミュニケーションにtsすいて学ぶ必要を感じている方は、
自分でお金を払って、何だかの形で学んでいます。

では、企業研修として、コミュニケーションを学ぶことで、
どのような良いことが起きるのでしょうか?

そこには、いくつかのポイントがあります。
例えば、個人レベルでコミュニケーションを学んだ方の
感想や意見をお伝えしていきます。

・学び直して良かった
・自分勝手なコミュニケーションになっていたことに気づいた
・人間心理のメカニズムを知ることができて、本当に良かった
・知っているようでできていないことがたくさんあった
・これをしっかりと実践していけば、周りに差をつけることができる
・営業マンで上手くいっている人は、確かに使っているよな

などです。
他にも色々とありますが、コミュニケーションに対して、
真剣に向き合うことで、多くの改善点や修正点、
意識的に使いたいスキルに出会うことでしょう。

その点では、一見多くの方が、「今更」と敬遠されるかもしれませんが、
コミュニケーションについてしっかりと学び・向き合うことは、
とても大切なことになります。

そして、コミュニケーションを学ぶことで、あなたの仕事や人間関係の質や可能性が今よりも、良くなり、高まります。

研修前にいろいろと情報を得るか否か?

研修前の時間をどう過ごしていますか?

実はどういう時間の使い方をするかで、研修で得ることのできる
ことが変わります。具体的には、企業研修などの前に、その研修
内容に関する情報収集をするか、しないかの違いです。

あなたはいかがですか?

企業研修におきまして、研修からどれほどの理解や学びを得て、
結果につなげるかは、研修前の時間の使い方で変わります。

このあたりの感覚については、実は人によって変わります。
ただし、これからお話する幾つかのことを知ることで、
随分と変わってきます。

では、それをご紹介していきます。

1、ある程度の基礎知識はあったほうが、研修で得ることのできる効果が変わる
2、あまりに基礎知識がないと学習の効率が落ちる
3、得に、専門的なことに関しては、ある程度の基礎知識があるかどうかで変わる

その上で考えていきます。

あなたが、企業研修前に研修内容に関して学ぶことで、
どれくらい、結果の違いが出てくるのでしょうか?

ここはポイントがあります。
どういうことかといいますと、

いろいろな角度から情報を得ておくことで、研修で
しっかりと学んだ時に、いままでに得た知識がつながり、
理解が深まりやすくなる。

では、その逆はどうでしょうか?

企業研修などの前に、内容について学ばないとどうなるか?
研修内容を見て、その都度新鮮な驚きを得ることができます。

それが、脳の性質上、とても学びを深めてくれます。
つまり、あなたがその時に、学ぶ内用や課題により変わってきます。
ベストな研修を受けることにお役に立てていればと思います。

いろいろな事例を知ることの意味

いろいろな事例を見ることは、あなたの力になります。

企業研修の中では、いろいろな事例を学ぶことができます。
そのような構成が学びを深めてくれますので、大切です。

企業研修に限らず、新しいものを学ぶ際に、学びを深めるポイントは、いろいろな事例を知ることです。そして、事例を知ることのメリットは上げていきますと、たくさん出すことができます。

一体何だと思いますか?

多くの中の一部を書いてみますので、参考になれば幸いです。

・学びの内容を理解する

新しいものを学ぶ時に、事例を知ることで、基本の復習になります。
復習ですから理解を促進させてくれます。とても大切です。

・使い方のサンプルにすることができる

いろいろな成功例や失敗例を含めて、サンプルを知ることで、
得られるものがとても多いです。

例えば、しっかり学んでいけば結果を出せると思うかもしれません。
また、そうやってはいけないのだと知ることができる。

・使い方のイメージをすることができる

サンプルを知ることは使い方を知ることができ、あなたの状況に合わせた使い方の工夫につながります。

・学びの本質を知ることができる

いろいろな例を学んだり、いろいろな角度から学ぶことで、
本質を理解することができます。

このように、いろいろな事例を知ることは多くのメリットや意味があります。
ですので、積極的に、事例を知り、学び、考えることはメリットがあります。

もしも、企業研修を受けるのであれば、積極的に
講師や先生に、事例を質問で聞いてみると良いかもしれません。

置き換えながら学ぶ

企業研修をする時に、一つのルールとしてみると
面白いことがあります。なんだと思いますか?

「それは置き換えて学ぶ」ということです。
どういうことかといいますと、例えば、企業研修をするとします。
その時に、学んだ内容をその会社の状態や仕事、環境に対して、
企業研修で学んだ内容や事例がどのように使えるのかを
置き換えながら考えます。

そうすることで、置き換えて学ぶことができます。

すると、アイデアや発想が出てきます。

企業研修と言いましたが、受ける側、提供する側、
もしくは、社内研修という形や外部研修など様々です。

大切なのは、どの形であっても置き換えて学び、頭をつかうことを
取り入れながら進めていくことで力がつき、アイデアが生まれてきます。

どうして有効かというのかといいますと、

1、頭を使う
2、社内研修の事例が、受ける側と違う業界の場合、
  いろいろなアイデアが出るということです。

では、注意点としては、どのようなことがあるでしょうか?
注意点としては、次のようなことがあります。

受ける側の業界と違う事例を前にした時に、他業種、他業界だから
関係ないと考えないことです。考えた瞬間から思考が停止するからです。

そこさえクリアできれば問題はありません。

あとは、コツコツと置き換えて、行動計画を立てながら
行動していくことで、前に進むことができます。

1、置き換える
2、アイデアを出す
3、すぐにできそうなものを取り上げる
4、行動計画を立てる
5、黄道する
6、フィードバック
7、改善
8、計画を立てる
9、行動する

などの形を取ることも出来ます。
置き換えが大切です。

一つのテーマでダイアローグ

企業研修の1つとして、
一つ大きなテーマを作り、みんなで学ぶ。
ということも大切な事です。

例えば、各部署のトップや代表者を集めて、
同じものを学習して、みんなで自分達の状況に
置き換えて、アイデアや工夫、改善点を出し合います。

そして、この中でダイアローグをしながら思考を
深めていき、新しい戦略や方針を決めること、
生み出すことも出来ます。

企業研修の形としては、いろいろと
行えますので、やってみるといいかと思います。

実際に行なっている会社さんは託さなります。
幾つかの事例を上げてみたいと思います。

・代表者だけで、同じセミナーに参加して、
 セミナーの終了後に、集まって行なう。

 ⇒翌日に行なうこともあります。

・会社内で研修会を開いて、同じテーマの勉强をする
 ⇒合間合間で、ダイアローグしていく

・宿題形式で行なう
 ⇒宿題を出して、DVDやCD、課題図書などを出して、
  見てきて頂き、ある程度思考を整理した上で、
  会議の場で、ダイアローグしていく

大切な事は、テーマに対して、
あらゆる視点を持てることです。

そして、いろいろな角度からのアイデアや改善点などの
新しい視点を得ることで、脳が活性化することです。

活性化しますので、さらにアイデア同士が融合して、
新しいものを生み出せます。

このような形で発想の枠を広げていくことや、
場を設けて、コミュニケーションを取っていくことで、
是認の学びが深まり、ビジネス力も高めることが出来るのです。

そして、それは財産となります。

自分の頭で思考することの大切さ

企業研修で大事な事とは、どのようなことか?
もしも、そのような質問を受けた際には、
このように応えるようにしています。

「自分の頭で考える習慣を持てる企業研修」

この言葉が、どのような意味を持っているのかを
考えてみたいと思います。わたしが考える企業研修です。

自分の頭で思考することは、かなり大事なことです。
この思考法をもっていないひとは、ある程度の所で、
成長が頭うちになってしまうことは間違いのないことです。

といいますのも、ノウハウはあくまでノウハウなのです。
だからこそ、そこから先のスキルを手に入れるには、
自分の頭で考えて、思考しなければ、なりません。

もしも、そのプロセスを抜かしてしまうことによって、
どのような事が起こってくるでしょうか。
その1つとして、若手の台頭によって、
自分のポストをとられてしまうことです。

しかし、そのようなことが起こっているときには、
いい結果が起こってくるわけではありません。

企業研修で、どれだけいいことを行ったとしても、
その先にあることをクリアすることができません。

そして、企業研修で、大事な事とは、その先にあるゴールなのです。
ビジネスで実際に結果を出すことも、その事ともつながってきます。

NLPを学んでいるときもそうです。
NLPを学んでいるときには、NLP資格
を取得することは、
学ぶ上で大事な事です。

なぜなら、NLPの資格を取ることで、
NLPの学びのスタートラインに立つようなものだからです。

この事が見えるようになってくることで

攻めと守りの企業研修

企業研修を行うときには、2つの姿勢を持っていることを
お勧めします。

その企業研修の2つの視点てゃ、
攻めと守りの視点の事を指します。

この2つの視点を持っていることで、
企業研修は成功する事と思います。

このときに、NLPを使うことができるのです。

一般的な企業研修を受講していると、
違和感を受けることがあります。

その違和感とは、常に攻めの姿勢になっていることが、
あるということです。

ですので、企業研修の姿勢に気づくことによって、
これまでにはなかったことにも、気づくことができます。

そして、まもりの中にこそ、本当の攻めの要素があることを
ご存知でしょうか。

そのような企業研修を実現するときに使うことができるのが、
NLPのテクニックです。

NLPのテクニックをつかうことによって、
その事を実現します。

その理由について、話したいと思います。

NLPが、企業研修で攻めの姿勢と、守りの姿勢を実現する事が
できることの理由として、この事を挙げることができます。

その事とは、NLPがカウンセリングとビジネス心理学の要素を持っていることです。

つまり、この相反する要素を持っているNLPを使っていることで、
企業研修の攻めの姿勢と守りの姿勢を実現することが、
可能となってくるのです。

とても不思議な事ですが、
根本的な要素から、その事をかんじることができるのです。

NLPを使っていることで、
その事に気づくことができるようになってくるのです。

とても面白いものです。

向上心が大事

企業を経営する上で、一番大事な事は、向上心と言われています。
この向上心を持っていない会社は、良い意味でも悪い意味でも、
終わってしまうことがほとんどのケースとして、挙げることが、
出来るように思います。

NLPを使った企業研修では、モチベーションを使って、
研修を行います。

企業に大切な要素は、色々な側面で捉えることができると思います。
それは、コミュニケーションというもので表現されることもあるかと思います。

しかし、実際に大事な事とは、コミュニケーションではなく、
向上心であることが考えることができるのです。

他のことは、色々な側面から捉えることができますが、
とても大事なことかもしれません。

なぜなら向上心は、その会社の業績に反映するからです。
もう少し、頑張る・・、この力は向上心から生まれます。

しかし、無理矢理に向上心を付けることは難しいことです。
そこで、考えることができるのが、
NLPのテクニックを使ったモチベーションの向上です。

もしも、この視点を持つことができるようになってくると、
これまでにはなかった結果を持つことが出来ると思います。

NLPではなくても、良いケースもあるかもしれません。
時には、ビジネス系のNLPではなく、
セラピー系のNLPを使っていることもあるのではないでしょうか。

このような事を知っていることで、
これまでにはなかったような事がわかってきます。

やはり、なんといっても心理学をつかった
向上心の向上が大事な事なのです。